ホーム > 越廼漁協について

越廼漁協について

ごあいさつ

私どもの越廼漁業協同組合は越前海岸のほぼ中央に立地しています。当越廼地区には『ガラガラ山』という名称の休火山がありますが、この山の山頂は北緯36度、東経136度が交差する所です。まさしく『日本のヘソ』と称されており、ある意味日本の中心地であります。沖合の対馬暖流とリマン海流がぶつかり合い日本でも有数の漁場が形成されております。鯛、ヒラメ・サバ・アジ・イカ・ブリ・サワラ・マグロなど日本国内で漁獲される大多数の魚類とアワビ、サザエ、ウニ等の貝類。またワカメ、モズク・アカモク等の海藻類が水揚げされております。また当越廼地区は農作物におきましても日本におけるミカン栽培の北限地、リンゴ栽培の南限地であり、また越前海岸一帯には北陸の厳しい冬に耐えて越前水仙が可憐に自生しております。漁業、納涼・自然環境そして文化的にも日本に「北」と「南」が融合している地域が当越廼地区であると思います。皆様方ご自身が当地にきて、そのことを直接に体感していただきたいと考えておる所存であります。

代表理事組合長 北崎 壽男

組合概要

法人名 越廼漁業協同組合
代表者名 代表理事組合長 北崎 壽男
所 在 地 福井県福井市茱崎町14-32
電話番号 0776-89-2316